アンミオイルはどのくらいの期間使えば効果があるの?

初めてアンミオイルを使う方が最初に知りたいのはアンミオイルがいいことはわかったけど結果が出るまでの期間です。つまりアンミオイルを使いだしてどのくらいでポツポツした肌の凸凹がなくなるのかですね。



口コミを見るとわかりますが、1か月で効果が出た人もいますが、実際には全員が1か月で結果が必ず出るとは言い切れないですね。

それはポツポツの大きさによります。イボの大きさによるということです。小さいと1か月でなくなることもあります。でも大きいイボだとそれ以上はかかります。



気長に使えば徐々に小さくなっていくイメージですね。

もしも1か月経過しても何も効果がないときは継続して使ってみるのがいいでしょう。


アンミオイルはどうしてイボが取れるのか調べてみました

アンミオイルでイボが取れると勘違いしている人がいます。それは結果論です。イボが取れるまでの肌の状態を考えればいいのです。

イボができているのは角質が固いからです。それは年齢を経ることによってできることもあります。年を取ると本当に肌の手入れをするのが面倒になることがあります。さぼるのですね。肌はやっぱり手入れをきちんとしないと角質がコチコチになります。そしてイボのように固くなってくるのです。

アンミオイルはお肌のサイクルを正常に戻してくれるだけです。イボを取るのではなくて肌サイクルを若い時のようにしてくれるのです。

肌サイクルを元の通りにしたら固い角質がポロっと取れてきます。それは見事に肌がつるーんとなりますから使ってからのお楽しみです。

アンミオイルで効果を実感したいなら朝と晩の2回使いましょう。その方が効果が出やすいですね。

アンミオイルがみんなに選ばれる理由とは?

アンミオイルは植物性の油です。自然成分たっぷりですから首に塗るとベトーっとすると思うかもしれないですが、そうではないです



アンミオイルは肌になじみやすいですからサラーとしています。

アンミオイルがネットで徐々に人気になっているのはその成分にありますね。



とにかく肌によさそうなものばかりです。

それを紹介しますね♪



月見草油
月見草油は敏感肌の方の強い味方です。γ リノレン酸が含まれていますから炎症を抑える作用があります。つまり肌のバリア機能を高めてくれるのです。


ヨクイニネキス

漢方でもおなじみのヨクイニネキスです。ハト麦から抽出しています。ハト麦には肌の再生力を高めてくれる成分がバランスよく含まれています。



肌の新陳代謝を活発にしてくれます。ここで注目されるのは老廃物を排出を促す効果が期待できるのです。




ヨモギエキス

ヨモギはやけどの際に使うといいと昔から言われていました。肌の切り傷、肌荒れにも使われています。



ヨモギのいいところは細胞の再生力を高めてくれるビタミンB群などが含まれていることです。また皮脂分泌を調整して毛穴を引き締めてくれるビタミンCや気になる酸化を防止してくれるビタミンEを含んでいます。




キョウニン油

あなたは甘い杏仁豆腐を食べたことがあると思います。あの甘味は仁が材料になっています。仁から搾り取ったオイルがキョウニン油です。キョウニン油は体内にも存在します。肌になじみやすいです。




キョウニン油があるので肌の皮脂分泌においてもしも水分の蒸発が活発になると角質が子固くなります。その角質が固くなるのを防ぐのがキョウニン油です。乾燥肌から守ってくれ、ターンオーバー正常化させてくれます。





グリチルレチン酸ステアリル

マメ科植物の甘草から抽出している成分です。抗炎症作用が高い成分です。皮膚に何らかのトラブルが多いときに菌の増殖を抑える働きがあります。





ミリスチン酸オクチルドデシル

スキンケア商品に数多く含まれています。この成分はサラッとしています。酸化しにくく刺激がすくないのです。

アンミオイルの効果的な使い方教えてあげる

気になる部分に1〜2滴ほど指につけてなじませていく感じです。

ここでの注意点はアンミオイルを伸ばすことです。肌になじませていくのです。アンミオイルをなじませていくうえで大切なポイントがあります。



それはホットタオルを使用することです。肌にアンミオイルが浸透していきます。そして気が付いたらお肌が柔らかくなっていることに気づくでしょう。




もしもごわつきの肌の方は少し化粧水と一緒にアンミオイルを使ってみることです。


アンミオイルはお肌になじませるのが重要ですから覚えておきましょう。



それと使用する前には必ず洗顔は済ませておくことは当然ですよ。

肌になじむ基礎を作っておくことでアンミオイルがなじむので効果も期待できます。



アンミオイル